医療問題(YouTube)

小児科潰しの診療報酬改定

 今回の診療報酬改定はプラス改定で特に小児科の財源確保のための診療報酬改定と厚生労働省は説明していたと思うのですが、実際に出てきた診療報酬改定の中身は、小児科を潰す内容で、全体的にもマイナス改定のようです。政府がやることは、説明していることと実際に実行することが全く逆のことでも許されるということなのでしょうか?心の底から無力感を感じます。


http://www.cabrain.net/news/article/newsId/14865.html

現場無視なら「医師がサイレントベビーに」

 「小児科の財源確保のための(診療報酬)改定で、小児科が減収になるのはおかしい」−。今年4月の診療報酬改定で、「外来管理加算」の要件に5分ルール≠ェ導入されたことに対し、小児科の医療現場が反発している。今回の改定は、医師不足が特に目立つ小児科医・産科医、病院勤務医対策が柱だったものの、5分ルールが導入されると、小児科を標榜する医療機関が大幅な減収になると予想されるからだ。現場からの5分ルール撤廃の声が無視されるなら、「小児科医がサイレントベビー=i泣いても母親らが適切な反応を示さないため泣かなくなってしまう赤ちゃん)になってしまう」という指摘も出ている。
posted by drk119 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88871469

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。