医療問題(YouTube)

崩壊した英国医療

 英国の医療はNHS(国民保健サービス)による受診時原則無料の制度であり、低所得者でも安心してかかることができる。

 ただし、患者は、緊急医療を除いて予め登録した一般家庭医(GP:General Practitioner)の診療を受けねばならず、GPの紹介を得て初めて病院や専門医の治療を受けることができる仕組みになっている。 国民は、担当のGPを選択する権利と義務があり、GPの紹介なしには、二次医療を受ける事ができない。GPは、年間で登録患者数に応じて算出された予算金を受け取り、地域の特性に応じて、受け持ち患者の医療サービスを決定する。 しかし、経済力の低下や高齢者,移民の増加によって,医療や福祉の予算が逼迫するようになった。そこに登場したのがサッチャー首相の医療改革である。保守党政権は予算に上限を設け、医療費の抑制に踏み切った。医療経済を建て直すために、まず病院を閉鎖していった(25万床から13.6万床に約半減)。入院できる病院が減れば必然的に医療費も減るという東洋のどこかの国でも進めている政策。市場原理を導入し,NHS以外にプライベート制度(民間医療制度)を認めた。

 GPは国家公務員なので、登録された人数分の予算金を受け,実際に治療した患者数や治療内容と国から支給される予算金とは関係がない。しかし、診療所の診断用機器はGP自身がそろえなくてはならない。そのため、高度な医療,高額な機械の導入をすればするほどGPは負担に苦しむことになり,診療所の診断用機器の装備はきわめて少なく、レントゲン,エコーはもとより心電計もないところがほとんどである。

 GPの紹介を得て初めて病院や専門医の治療を受ける事になるが、専門医も公務員なので、一日に10人患者を診ても、100人診ても収入は同じである。結果として、ほとんどの医者は一日に10人しか患者を診ない。また給与水準が低いため、医師・看護婦が海外に流出し、医師の新規登録数は2000年までの5年間に26%減少した。英国で教育を受けた医者の6人に1人は国外に出て行った。その結果、患者は待つのが当たり前となり、診療まで平均18ヶ月待つようになってしまった。がんの患者が手術を待たされるのもあたりまえになり、順番が来て手術台にのった時には、もはや手遅れで手術できなかったということも起きるようになった。

 このように、一般の国民はNHSに頼らざるを得ず、まともな医療を受けることが出来なくなった。しかし、サッチャーは、有料の自由診療を認めたため、高額の民間保険に加入できたり有料の自由診療を受けられる高所得者の医療機会は保障された。民間保険や全額自費によるプライベート医療は、国民医療費の1割強を占めるようになっている。サッチャー自身が病気になったとき、NHSを使わずアメリカのチェーンの病院に入院し議会で問題にされた。

 英国医療の危機は長年にわたる医療費抑制によることが明らかなため、ブレア政権は医療費の大幅拡大に政策を転じ、医療の質の向上に取り組み始めた。医療費を毎年20億ポンド(約3,400億円)ずつ増す方針を示した。しかし、一度崩壊した医療制度は簡単に修復することは出来ず、緊急の医療処置が必要な患者はフランスの病院に治療を委託している状態である。


このブログはブログランキングに参加しております。
皆さんの1日1クリックでランキングがアップします。
ランキング投票へご協力をお願いします→banner_04.gif
posted by drk119 | Comment(4) | TrackBack(2) | 医療問題
この記事へのコメント
良く書かれてらっしゃると思います
まさにそのとうりです
トラバいたしました(別ブログからですが)
Posted by ninotchka at 2005年07月24日 19:13
トラックバックありがとうございます。
イギリスの医療が崩壊しているとは…。
ひとりでも多くの犠牲者が生まれないよう、
医療には慎重に取り組んでほしいものですね。
Posted by ともたん at 2005年07月24日 20:21
始めまして。突然お邪魔して誠に申し訳ございません。
情報ブログ検索サイト インフォキングと申します。
http://infoking.jp/

当サイトは最近できたばかりの検索エンジンでございます。
皆々様方,お一人お一人のお力添えを頂きたく失礼ながらも
ご案内をさせて頂きました。
サイト内においての人気ブログランキングも含め、情報に特化した
ブログサーチを運営してまいりたいと思っている所存でございます。

是非とも貴方様のブログをより多くの人に見ていただき
貴方様の情報を当サイトより発信して頂ければ幸いと存じます。
何卒、ご登録の方お待ち申し上げております。

失礼致します。
Posted by インフォキング at 2005年08月17日 13:54
 思いやり予算と百合子の婚カツ〇 呆テ ・ イ◎死期

   35 × 3 = 105
裏犯罪 ×イイジマ=百合子円罪〇利犬サークル

      105     −( 13 + 35 + 25 )= 16 ×2
大マスコミ結0・納◎利犬サークルー(税R +裏犯罪 + イイジマ・ウルマのファミリー )= 濃い毛 I am sorry ×2
Posted by 小泉純一郎の医師久松篤子 at 2009年09月09日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

イギリスの医療
Excerpt: だいぶ前にニノチカに書いた記事にトラバを頂きました 崩壊した英国医療(by dr...
Weblog: 仁野千香(医師)
Tracked: 2005-07-24 19:11

医療の崩壊
Excerpt: 「崩壊した英国医療」(医師が医師求人サイトを採点より) を読みました。 英国医療の崩壊は医療人なら誰もが知っていることですが、 改めていろいろ考えさせられます。 英国式は医療費が無料だが、適切な..
Weblog: 貧乏医師のアルバイト日記
Tracked: 2005-07-25 04:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。